ビタミンC誘導体配合の化粧水のメリットと注意点

ビタミンCが美容効果に優れた成分であるというのは、ご存知の方も多いでしょう。


美白効果はもちろんですが、皮脂分泌を抑える効果もあり、また抗酸化成分も含まれているので、エイジングケア効果もあります。



また新陳代謝を促したり、コラーゲンの生成を助けて、しっとりなめらかな肌に導いてくれます。
しかし成分としてはかなり不安定で、化粧品に配合しにくいので、主に誘導体という形で配合されています。



誘導体化すると、肌にまず浸透してからビタミンCとなり、本来の効果を発揮するようになります。このビタミンC誘導体には、水溶性と油溶性、そしてその両方の機能がある物と、3つのタイプがあります。

このうち水溶性は、化粧水や美容液に配合され、油溶性の物はクリームなどに配合されます。

ただし化粧水であっても、油溶性の物が配合されていることもあります。
これはなぜかといいますと、水溶性が即効性があるのに対し、油溶性は肌に長時間留まって効果を発揮するため、それぞれ異なった方法で肌に成分を送り届けることができるからです。



それからビタミンC誘導体配合の化粧水や美容液をつける時には、注意しておきたいことがあります。皮脂をコントロールする効果があるため、肌が乾燥気味の人はより乾燥しやすくなってしまうことです。
このような時は、まず化粧水にビタミンC誘導体が配合された物を選びようにして、乳液やクリームなどは、保湿効果の高い物を選んでつけるようにするのがいいでしょう。